単水栓とは

蛇口の種類として単水栓を紹介する

単水栓とは
水を出す吐水口が1つしかなく、お湯か水のどちらかのみが出る水栓のことです。種類やデザインは多数あります。基本的に3種類で、横方向に取り付ける横水栓。縦方向に取り付ける立水栓。吐水口の向きを自由に稼働できる自在水栓です。取付方法は、壁に設置するタイプとシンクや浴槽の台座に設置するタイプがあります。水栓の中でも単水栓は、基本構造となっていて、ハンドルを回すと内部のコマパッキンが動いて水量を調節したり水の出を止めたりする構造となっています。反時計回り(左方向)にハンドルを操作することで水が出るようになり、また、左に回すことで水量が増えていきます。反対に、水を出している時に右回転させると水量は減っていき止水します。

ハンドルを閉めても水が止まらない時の対処方法
ハンドルを完全に閉めているにもかかわらず、吐水口から水がポタポタ垂れてくるという水漏れトラブルは比較的多くあります。考えられる原因は、コマパッキンまたはケレップと呼ばれるハンドル内部の部品(パッキン)の劣化や損傷によるケースが挙げられます。修理方法は、コマやパッキンの交換が必須です。修理作業は、比較的容易で個人でで行うことも可能ですが、新品のコマやパッキンと併せて日常工具が必要になるので用意しておきましょう。修理作業は、カバーナットを外します。その後、ハンドルを左に回してハンドルをゆるめて水栓上部を取外します。次に、蛇口内部のケレップを取出しますが、水栓内部は細いですから、素手ではなく、ピンセットかラジオペンチなどを用意したほうが確実でしょう。古い部品(パッキン)を取り出したら、新品と交換します。その後は、取外しとは逆の手順で水栓上部を取付けて元に戻しす。最後は、カバーナットの締めすぎに注意して修理作業完了となります。

24時間電話受付

豆知識として