三好町

地域担当者の日記

三好町担当者のブログ
困ったことになるトイレで起きt水漏れ。でも慌てなくても大丈夫です。想像される漏水の理由はいくつか挙げられますがとにかく詳しく点検してみて元凶を突き止めることが基本です。水道のトイレ部分からのちょっとずつの水漏れは珍しくありません。多くのケースが、パッキン部品の劣化が原因の水漏れなんです。古い水道のパッキン部分を新しいパッキンに交換すれば、簡単に修理はできるのです。洗浄便座や温かくなる機能付きの便座。トイレ用のセンサーやスイッチが故障したのであれば電化製品ということもあって製造会社以外は修理に対応できない箇所や部品があるのは当然なのです。温水装置やボイラーみたいな特別な技能を必要とされる機器に関しては、普通の水道工事店や業者では、規律上修理対応できない可能性もあるのです。購入や設置してくれたお店で診てもらってください。誤りのない故障の詳細の確認、修理をするにあたって、ご家庭で使っているトイレの種類や型番は大事な情報の一つです。トイレの詳しいタイプや型番を把握しておくべきです。大部分の事案で、プロのトイレ修理業者にやってもらわなければ修理不可能なのでアパートなどの賃貸の方は定められた管理会社や大家さんに。賃貸でない人は自分で専門業者に頼んで解消してしまいましょう。コマやパッキンといった部品の経年劣化の影響で面倒なトイレからの水漏れにつながっているのです。何の対処もせずにいると少量の漏水だとしても請求される水道料金に影響を及ぼすので急いで水漏れの修理した方がいいでしょう。水漏れを起こした元凶が洗浄便座そのものであるというときには、一人で修理しようなんて思わないことです。プラグやコードが濡れないように応急処置をしたら修理依頼をしてください。トイレの水漏れというのは、水漏れしている場所及び理由によって、適確な対策をするべきなので技術者以外はちゃんとした修理は不可能です。ハンドル式を採用しているトイレでしたら、簡単にできる内容なので水道機器のメーカーなどから適応する型番のバルブを買うことが可能でしたら傷んだ部品との交換作業は専門知識がない方でも大丈夫なのです。和式だろうが洋式だろうが原因がロータンクの場合、水漏れ解消のための修理方法に関してはほとんど一緒です。水がずっと止まることなく流れている症状が持続していれば、ロータンク内部に問題が潜んでいる場合が多いです。部品を新しいものにして水漏れ修理する場合よりトイレそのものを交換した場合の方が部品を探す作業がなく部品代と修理費用があれば新品のトイレが購入できたというケースもあります。内部のパッキンを交換してOKと考えていても考えてみると水道トイレが経年劣化したことで発生水漏れだったと気づき、実は水道トイレの交換をすることになったというケースは少なくなりません。10年程度使用している蛇口に関しては、手間暇かけて修理したのに、しばらくすると漏水・水漏れが何回も起きてしまうことが多いのです。TOTOやLIXILなど大手製造メーカーの対応年数が約10年とされていますから蛇口自体が寿命を迎えている可能性も排除できません。新品の蛇口への取り換えが最も賢い方法ともいえるでしょう。修理に使う部品そのものが購入できないことも珍しくなく、なんとか水漏れ箇所の部品が明らかになったのに部品入手できず修理が不可能。そんなケースだって結構あるのです。

スタッフ担当者より

日常の生活の中では避けては通れない水道のトラブルですが、もしも水のトラブルが起きた時に緊急でお客様宅にお伺いし水道修理の対応を行っております。何かございましたらご連絡ください。

春日井市 小牧市 一宮市 名古屋市 刈谷市 安城市
24時間電話受付