2ハンドル混合水栓とは

混合水栓でも1ハンドルと2ハンドルの2タイプがある

2ハンドル混合水栓の水漏れ対処法
2ハンドル混合水栓は、水とお湯のハンドルで吐水や止水をしたり、混合させ吐出したりするタイプの蛇口です。構造は、スピンドルが駒パッキンを押さえることで水の流れを止めて止水します。ハンドルを回すとスピンドルが上がって駒パッキンが水圧で持ち上がると水がでる構造です。2ハンドル混合水栓は、比較的簡単に修理できるケースが多いです。自己修理で解決し易いのが特徴と言えます。自己修理する場合は、適正部品を使用し作業前には必ず水を止水しましょう。

水が止まらない時の対処方法
ハンドルを閉めているのに水が止まらずにポタポタ垂れている場合は、ケレップ(パッキン)の痛みが原因と考えられます。ケレップ交換で解決することが多いです。

ハンドル下部からの水漏れ対処方法
ハンドル下部のナット部分から水漏れをしている時は、ハンドル内部のパッキンの不良が原因と推測されます。新品交換して改善することが多い。
自在パイプ根元からの水漏れ対処方法
自在水栓の場合、吐水パイプの付け根から水漏れすること比較的多い。この際は、吐水パイプのナットが緩んでいるか、吐水パイプの接続部分のパッキンが摩耗していることが原因が想定されます。ナットを締め増ししてみて、それでも改善されなければ、パッキンを疑います。その場合、同交換しましょう。
クランクナットからの水漏れ対処方法
クランクナット部からの水漏れがしている際は、クランク用のパッキンが痛んでいる可能性があります。新品と交換しましょう。

24時間電話受付

豆知識として