ら行

ら行のインデックス

ら行の鍵用語インデックス
両面シリンダー 

レバータンブラー錠

レバータンブラー錠とは、鍵を使って開閉させる構造の1つの錠前とのことです。現在、いろいろなタイプのものがありますが比較的古典的な部類に属すのがレバータンブラー錠です。構造としましては、一般的な鍵機構には、その鍵穴に合った鍵とスペアキー以外に鍵が開かないようにするために鍵ケースの内部にタンブラーと言う仕組みが備わっています。レバータンブラー錠には、そのタンブラーの形が板状になっていてレバーのようになっていてテコ原理で動作させる形状のものです。イギリスで18世紀頃、初めて製造されたと言われていて日本でも比較的古いタイプの鍵に使われることが多い構造となっています。外観の形状や構造としては、とっ手がレバーハンドル形状の錠前が一般的です。室内用錠としてラッチ機能だけのレバーハンドル錠が設置されることが比較的に多い。鍵の先端についている突起部分を差し込んで回すことでレバータンブラーが跳ね上って回転して貫抜きとも言われるデッドボルトが出入りする構造です。鍵穴につきましては前方後円墳のような形状をしています鍵の材質としては、真鍮で棒鍵を用いています。錠前にあった鍵やスペアキー以外の鍵や針金等の物体を鍵穴に差し込んで回したとしてもレバーが思うようには動かせない構造となっています。

レバータンブラー錠の画像

上尾市 新座市 久喜市 鴻巣市 坂戸市 和光市 蕨市 志木市 三郷市 朝霞市 戸田市
24時間電話受付