空き巣の狙われる戸建

総合修理受付0120-931-239

24時間受付をしています

侵入されやすい戸建

空き巣に侵入されやすい戸建について考えてもました

普段か空き巣の被害にあわないように気をつけていても泥棒に侵入されてしまうケースがあります。今回は、戸建の場合で狙われやすい家とは、どんなところか考えてみました。

塀や植木などで宅内が見えにくい家
高い塀やボ植木で宅内が見えにくい家は、泥棒のとっても侵入作業がしやすく隠れ場所になってしまいます。道路から見えにくい家は泥棒の格好のターゲットになるのです。
長期間外出している家
出張や海外旅行。あるいは、実家に帰っているなどで何日間か家を空ける場合は特に留守だと悟られない工夫が必要になってきます。郵便ポストに郵便物がかなりたまっていたり新聞がたまっていたりするとターゲットとなりやすいので防犯対策が必要です。
帰宅が遅い家
お仕事や飲み会などで帰宅時間が遅くなることが事前にわかっている時には、室内の照明をつけて外出するなどして家に人がいるように見せることも防犯対策に役立ちます。
ベランダに洗濯物を夜でも干している家
夜でもベランダに洗濯物を干していと留守している可能性が高いと思われてしまいます。連日洗濯物を干していたり同じものを干していると泥棒が下見に来て留守だとわかると侵入されてしまうケースがありますので洗濯物を干すのも気をつけましょう。

対策として、泥棒は光と音をものすごく嫌います。隣家との間や家の裏側など死角になる場所には、防犯砂利やセンサーライトの設置をすると効果的です。日中に死角にならない場所でも夜は暗がりとなって道路から見えにくい場所になってしまう家があります。さまざまなケースがありますのでホーウセンターなどで防犯対策用品を見てみるのも良いのではないでしょうか?